求人情報は紙媒体からWEBに変わってきました。

WEB上の求人は情報が正しいか慎重に

求人情報は紙媒体からWEBに変わってきました。 WEB上に求人情報があふれ、スマートフォンの進化などにもよりほぼ誰でもいつでもどこでも気軽に求人情報を探せる時代です。ちょっとお金が足りないからといって気軽に求人業法を探せ、職に就くことができる、すばらしく便利な機能だと思います。ただ、その情報が本当なのかどうなのか、調べる必要があります。

聞いたことのある話ですが、良い求人情報があり、問い合わせをしたら、訓練に○○円かかる(万単位)と言われた、という話がありました。そんな話はおかしいと言って電話を切ったら、いろいろな番号から契約をしたんだからいつまでにお金を振り込め、という電話を何度も受けた、というではありませんか。幸い電話番号以外知られなかったようなので、電話番号を変更するだけで済んだようですが、このように怖い体験をした人もいます。ちなみに、その会社の会社概要などで住所を検索しても、存在する住所で、社名をいろいろ変えて運営をしているようです。

そういう怖い話しもあるので、一番信頼できる求人情報は、やはり職業安定所などを通したものでしょう。ただ、こんなに便利なツールを使わない手もないので、問い合わせる前に、その会社の名前を検索にかければ、大体口コミが出てくるので、そういう情報を読んでから申し込んでもよいかもしれません。そもそもその口コミ事態、本当に口コミなのかも怪しいですが、そこは会社研究をしっかりしている人なら引っかからないでしょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2022求人情報は紙媒体からWEBに変わってきました。.All rights reserved.